Slide background

未来

力強い日本経済の再生

完全雇用状態が実現。国民に実感が届く景気回復を加速させます。

国土と国民の生命を守る安全保障

日米同盟の一層の強化。国際社会と連携して外交努力をつづけ、北朝鮮の 脅威から国民を守り抜きます。

安心して暮らせる社会保障制麿の構築

「人生100年時代」を迎えるにあたり、子ども・子育て支援、医療、介護等の 一層の充実を図り、「全世代型社会保障」を実現します。

生活基盤の再整備

災害対策や老朽インフラ整備等、国土強靭化を進めます。

我が国を担う人材の育成

高等教育の機会均等(無償化)を図るとともに、給付型奨学金や授業料減免 措置を大幅に増やします。

科学技術割造立国の実硯

産学官の一層の連携を推進し、世界で最もイノベーションに適した 国づくりを目指します。

ふるさと東播磨の創生

地方の自立と分権を進めるとともに地方が自主的に取り組む施策を応援し、 住民の皆様とともに「個性豊かな田園文化都市圏」を創生します。

憲法の改正

「国民主権」、「基本的人権の尊重」、「平和主義」の3つの原理を堅持しつつ、 国民の幅広い理解と各党との議舗を深め、自衛隊の明記、教育の無償化・ 充実強化、緊急事態対応などの改正を目指します。

tokai-fabi   実 現 


教育投資に奔走、給付型奨学金制度を実現!

資源に恵まれない我が国にあって、人材が資源そのものです。
学ぶ意欲と能力があるのに、経済的事情で大学等の高等教育の進学を断念せざるを得ない子供たちに、与党のプロジェクトリーダーとして、返済不要の奨学金制度の法制化を実現しました。
更には、幼児教育の全面無償化と高等教育の機会均等(無償化)、給付型奨学金の大幅な拡充を政権公約に盛り込み、国を挙げての“人づくり”教育投資に奔走中です。

ふるさと創生を牽引…播磨臨海地域道路の旱期実現へ!

「はりまの成長なくして日本の成長なし」と言われるほど、ふるさと播磨は我が国屈指の
産業集積地です。しかしながら、東西を貫く道路事情は交通容量が不足し全国でワースト3!この播磨臨海地域道路は、「生産性革命」に大きく寄与する道路です。超党派の国会議員で 構成する議員連盟の会長として、早期実現にむけた活動を牽引しています。

tokai-fabi


 9月20日から始まったラグビーワールドカップ日本大会。全国各地の競技場が舞台となることもあり、大会前から盛り上がりを見せていた。それが日本チームの第2戦、桜の勇者たちが優勝候補のアイルランドに勝利してから更にヒートアップしている。  28日夜のテレビニュースは盛り上がり、翌朝刊一面のヘッドラインも日本勝利の話題が独占した。各紙のヘッドラインは大きなカラー写真とともに、    読売 日本金星 強豪アイルランド破る    朝日 日本金星 優勝候補アイルランドに19-12    毎日 日本アイルランド破る 大金星 2大会連続    日経 日本、大金星 アイルランドに19-12、8強へ前進。 といずれも大金星扱い。戦前は世界ランキング一位のアイルランドが圧倒的に有利と報じられていた。  英国最大のブックメーカーの掛け率は、アイルランド1.08倍に対して日本7倍のオッズ。多くの日本国民も、「健闘はしても勝利はむずかしい」と思っていたのが本音だろう。実を言うと私もその一人なのだが・・・。  日本にラグビーが紹介されたのは1899年。横浜生まれでケンブリッジ卒のエドワード・B・クラーク教授が慶応義塾の学生に紹介したという。1930年には日本代表チームが結成されたとのことだが、昭和の時代までは、どちらかと言うと“学生スポーツ”のイメージが強かった。なかでも、1981年、関東大学対抗戦・早稲田対明治戦で、国立競技場が7万人以上の大観衆で超満員となったことは今も語り草である。  今のようなラグビーワールドカップが始まったのは、1987年のこと。日本代表チームはこの第一回大会から世界への挑戦を始めたが、しばらくは勝てても1勝という散々な結果の大会が続いた。アジアでは勝利できても世界のトップチームには全く歯が立たなかったのだ。1995年の南アフリカ大会では、ニュージーランドに17-145とW杯史上のワースト記録となる歴史的大敗を喫した。  この間、2003-2004シーズンから…
衆議院議員 とかい紀三朗 公式サイト